渋谷:焼鳥:居酒屋:串ジョージ

串ジョージ

 

「吉祥寺で串ジョージ」としたかったのが渋谷で良い物件を見つけてしまった串ジョージ。
しかも博多焼き鳥。すべてに脈略がありません。
細かいことは気にせずとにかくスタートです!
 
「焼き鳥はもちろん、一品料理もウマい大衆居酒屋」を目指しています。
どうぞみなさまごひいきに!
 
2名の共同経営でスタートします。
1名は世田谷地区で6店舗展開した人気飲食店の経営経験者、1名はいつか飲食店を!が夢だった博多出身のIT会社の経営者です。
 
今、「ダサめ」がかっこいい。内装、外装も自分たちでやります。
店の目印「デカちょうちん」は、夢の大きさも載せて160cmにしました。
さすがに値が張りましたがこだわって作ってもらいましたので、スマホで拡散していただけたら感動して泣きそうです。
こだわり過ぎたせいか、ちょうちん、オープンに間に合わなそうです。
まいったな・・まぁいいか!味で勝負!!
 
ドリンクも渋谷にしてはリーズナブルに、生ビール490円、日本酒はオール500円(銘柄によって量は違います)!!
これで始めてみようと思います。
 
さて、「博多焼き鳥」ってなに?といったあたりを熱く語っておかなければなりません。
語れば切がありませんが、以下三点は、ぜひ知って頂きたく!
 
 

■ 博多焼き鳥の特徴

焼き鳥の本場は博多であるということをインプットいただけたところで、特徴です。
 
 
一、実は焼き鳥の聖地といえば博多
 
渋谷:焼鳥:居酒屋:串ジョージ:博多
博多(福岡)といえばとんこつラーメン、という人が多いことでしょう。
ですが、実際はラーメン屋以上に焼き鳥屋が多いのです。

具体的な数値をあげれば、総務省が2001年に発表した事業所・企業統計調査報告によると、福岡市内の全飲食店に占める焼鳥屋の比率を見た場合、約6%が焼き鳥屋で、東京の3%、大阪の1%に比べると焼き鳥天国だということがわかります。
また、「鶏肉好き」という住民の嗜好もあり、これも具体的な数値をあげると、総務省発表の家計調査年報によれば、福岡市では1世帯で鶏肉を年間16kg、概算14,260円で、量、金額ともに全国一なのです。
 
 
二、原則は「塩焼き」である
渋谷:焼鳥:居酒屋:串ジョージ:塩焼き

博多の焼き鳥といえば塩なのです。
九州の食材は、火山灰でミネラル豊富、肥沃な大地でめちゃくちゃウマイのです。
塩だけで、素材の味をお楽しみ下さい。
よって、一般的焼き鳥屋は「塩にしますか、タレにしますか」とか言いますが、
串ジョージでは、基本的には伺わないつもりです。タレの時はタレ、とお申し付けください。でも基本「塩」です、ぜひ。
※いろいろ試食を繰り返してみて「タレが美味しい!」と思ったものについては最初からタレでお出ししている焼り鳥もございます。

 
 
三、焼き鳥といっても魚介類や豚肉もある
 
渋谷:焼鳥:居酒屋:串ジョージ:野菜
博多では焼き鳥と串焼きの違いは基本的になく、鶏、牛、豚、野菜、魚介類など
串にさせるものであれば何でも「焼き鳥」になってしまいます。
 
本場では「とりあえずナマと豚バラ10本で~」があちこちのテーブルから聞こえてきます。
 
アスパラやトマト、えのき、チーズといった様々な具材を巻く「巻物串」も定番です。
漢字で「焼き鳥」とかくと少なくとも肉は鳥だけとおもわれがちなので、
ひらがなで「やきとり」とする店さえあります。なんの解決にもなっていませんねw。
 
お客さまからも串に刺せるおいしいくて人気がでそうな素材アイデアをジョージ募集中。
お客様と一緒に、この世にないアメイジングな串を開発しましょう。
そして店の経営を潤わせてください。頼みます。
 
渋谷:焼鳥:居酒屋:串ジョージ:食べログへ
 
渋谷:焼鳥:居酒屋:串ジョージ
渋谷:焼鳥:居酒屋:串ジョージ
渋谷:焼鳥:居酒屋:串ジョージ

お問合せ